奇妙な果実

奇妙な果実 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

billie_holiday.gif


Billie Holiday(1915~1959)を語るときよく引き合いに出されるのが エディット・ピアフだ。どちらも不幸を絵に描いたような壮絶な人生を送った二人だが決定的に違う点がある。 それは人種差別問題だ。1900年初頭のアメリカにおける黒人はまともな人権など認められていなかった.。 その上女性はなおさら悲惨だった。生涯を通じて人種差別、性差別と戦わなけばならなかった。
私生活はめちゃくちゃだったがそれを差し引いても彼女の歌声は没後50年近くたっても聞く者を虜にさせる魅力がある。 ベッシー・スミスやルイ・アームストロングに強い影響を受けたといわれる繊細で表現力豊かな独特なフレージング 唱法はサクソフォン奏者のレスター・ヤングとの出会いが内面的にもより磨きをかけた。
彼女の代表曲といえる「奇妙な果実」は淡々と歌っているが、内面に秘めた黒人であるガゆえの哀しみ、怒り、 怨念がひしひしと伝わってくる。 10代の頃初めて聞いたとき大きな衝撃を受けたけれど今改めて動画としてみるとやっぱりすごい !一挙手一投足からにじみ出る表現力に心の奥底を揺さぶられる思いだ。もちろんこんな暗い歌ばかりじゃなくて希望に満ちた恋の歌もなくはないのだが。。。

注 「奇妙な果実」とは白人にリンチされてポプラの木につるされていた黒人
   のことである。

興味のある方は下記へGO!(ただしいつ消えてなくなるか神のみぞ知る)
http://www.youtube.com/watch?v=oQTWVgKZtlg
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。