ベルベット・イースター 荒井 由実

ベルベット・イースター 荒井 由実 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

荒井由実のベルベット・イースターは1973年11月20日に下記のそうそうたるメンバーのバックアップの下にアルバム「ひこうき雲」からリリースされた名曲です。

キャラメル・ママ(細野晴臣、松任谷正隆、鈴木茂、林立夫)小原礼、駒沢裕城、他
今考えると本当に豪華なメンバーですね。

この歌詞は小雨の降るイースターの朝、まだ覚醒のしっくり来ない、けだるい中に、彼がデートのお迎えに来るまでのうきうきして、それでいて神聖な女の子の心象を描いた歌です。

私がもっとも共感できるのは

「空がとってもひくい
 天使が降りて来そうなほど
 いちばん好きな季節」

というくだりです。どんよりとした低い雲を天使にたとえて
これから始まる恋ものがたりに夢を添えてくれます。


今年のイースターは4月8日 復活祭(移動祝日)です。
ヨーロッパでは春を代表する行事です。
天使は舞い降りてきてくれるかな?


春まだ浅い季節の乙女心を歌った珠玉の作品です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。