あのBCRが印税の支払いを求めて提訴

あのBCRが印税の支払いを求めて提訴 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1970年代に一斉を風靡した、女性を中心に大人気になった英国のアイドル・グループ、ベイ・シティ・ローラーズ(BCR)の元メンバーが米国アリスタ・レコードに未払いの印税の支払いを求めて米国裁判所に提訴した。英国BBCが21日が伝えた。

全世界で少なくとも7千万枚の売り上げがあったにもかかわらず、支払われた印税はたったの25万4000ドル(約3千万円)しかなかったという。

訴えでは請求額を公表していないが、弁護士の一人は数百万ドルに上るとしている。


これが事実であればあまりにもひどい話だ。彼らを支えた少女たちの夢を打ち砕くような裏切り行為であると思う。ベイシティ・ローラーズといえば「サタデーナイト」「二人だけのデート」「バイバイベイビー」などのヒットで甘いルックスとPOPな音で日本中の女の子のハートを掴んで大旋風を起こしたアイドル・グループだ。
こんな話は世界中どこにでもあるようだが、このようなメジャー・グループでのケースの判例は今後の訴訟にも影響するので気になるところだ。




しかしこの問題は所属事務所や、レコード会社だけの責任ではない、
とかく契約をないがしろにしがちであったアーティストにも責任はある。JASRAKの問題も絡めて日本のアーティストはもっと声を上げなくてはならない。

ファンはアーティストに対価を払いたいのだ。

# ちなみに「二人だけのデート」ははなまるマーケットのオープニングテーマとして使われている。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。