2週間限定の旬

2週間限定の旬 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

世の中から枝豆がなくなったらどんだけ心穏やかに過ごすことができるだろう(笑)
枝豆と言えば夏のイメージですが本当の旬は今頃のたった2週間程度しかありません。
このタイミングを逃したら来年までありつくことはできないのです。え?冷凍があるじゃん?いえ。。。やっぱり生が一番です!(意味不明)
告白します。。。私は実は無類の「枝豆フェチ」なのです。


枝豆という野菜は実は外見からはなかなか鮮度がわかりにくく、かつ収穫からの経過時間と温度管理によってものすごく味が落ちてしまうこまったちゃんなのです。
本当に時間との勝負で収穫から数時間で味がまったく変わってしまうのです。

つまり本当の枝豆を味わうためには家庭菜園として栽培するか、農家などから分けてもらうしかありません、運が良ければ産地直送市場などで朝取りなどと表示のある枝豆が手に入ることもありますが、鮮度については保障の限りではないと思っています。

枝豆19Oct2008

で今回は知人の農家から「枝豆が実ったよ。3時頃収穫するから4時頃取りに来るか?」
と連絡があり私は二つ返事ですっ飛んで行きました。
つやつやの豆は、よく太って大粒です。生でひとつ噛んでみると口の中に自然の甘さが広がります。
品種はもちろん丹波の黒豆に決まっていますw
お礼もそこそこに大急ぎで帰宅してすぐに下処理にかかります。
何しろ時間との勝負ですから。
そしてあっというまにおなかの中に消えてしまいましたとさ。


自然の甘さと、新鮮な豆の香りにつつまれて今年も限定2週間の旬を堪能することができました。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。