陽はまた昇る

陽はまた昇る に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私の知人の恋人が中皮腫で亡くなったと訃報が入ってきた。
長い間酸素ボンベを抱えての闘病生活の末だ。
その方には何度かお会いしたことがあるが、キップが良く、それでいてナイーブな心の持ち主だったことを記憶している。
しかし、回復の見込みがなくなり自宅療養となった時から私の知人はその男性宅を訪れるをやめてしまった。


理由を聞くと、「周囲から財産(保険金)目当てだと思われるのでもう逢えない」と涙ながらに訴えるのだった。
バツイチ同士のはかない恋人たちに容赦なく降りかかる現実。
この男性には娘さんと実の両親がいらっしゃるのだった。



◆◇◆


命ながらうことが絶対的な幸せであるかどうか私にはわからない。
しかし、後ろ髪を引かれるようにこの世に思い残すことがあれば話は別だ。
仲むつまじく二人でドライブに出かけていた姿は今も目に焼き付いたままだ。
お二人の心中を思うといたたまれない気持ちになった。



誰もが死と隣り合わせの綱渡りをしていると知りつつも為す術もなく、心底愛する男の最後を看取ることが出来なかった運命を嘆く彼女の慟哭が聞こえてくる。
人を愛することは時としてこんなにも残酷な結末をもたらすものなのか。




そして、それでも陽はまた昇る。。。







心からご冥福をお祈りいたします。



追記: でも幸せだったんだよね?


[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。