2008年06月

2008年06月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は知る人ぞ知る静かな住宅街にひっそりと佇む隠れ家的イタリアンレストランに行ってきました。
その名も【ARIZONO】 オーナーシェフである有薗さんの住宅のお隣の店舗です。



中庭とエントランス



海の幸と旬の前菜
【antipasto】海の幸と旬の野菜オムレツ添え

海の幸(いか、タコ)旬の野菜(ソラマメ、グリーンアスパラガス、ナス)と生クリームたっぷりのキッシュ風オムレツとバジルソースとトマトソースでまとめた逸品。
トッピングの水菜が清涼感を呼びます。
いやあ。。。このアンティパストだけは絶対家庭ではマネできないと思いました(笑)




かぼちゃのポタージュ
【primo piatto】 かぼちゃの冷製ポタージュ

よく冷えた粋なお皿に野菜の滋味に富んだスープ。
 付け合わせのツナのブルスケッタがアクセントです。
アイスクリームとコーンのような相性です。



ポークソテーとレンズ豆のチーズ焼き
【secondo piatto】 ポークのロース肉トレンズ豆とモッツアレラチーズ焼き赤ワインソース添え

濃厚な赤ワインソースとレンズ豆の組み合わせがとても素敵でした。




モヤシとベーコンの
【パスタ】 モヤシとベーコンのパスタパルメザンチーズあえ 

本来はprimo piattoのスープの次に供されるものですが、ここでは以前からこのスタイルです。
日本人の感覚としてはおなかにたまるパスタは最後にという感覚でアレンジされているのだと思います。
モヤシとパスタという組み合わせは斬新ですね。。。初めていただきました。
モヤシのしゃきしゃきとした食感とパルメザンチーズとの組み合わせは意外とマッチしていたと思います。



フランボワーズのシャーベット
【dolce】 ブランボワーズシャーベットとフルーツの盛り合わせ。

こってりした料理の後にさわやかなフルーツの酸味のきいたドルチェは欠かせません。




久しぶりに訪れた【ARIXZONO】は、いつもと変わらぬ心地よいサービスと、さりげない心配り、日本の板前さんのようなキップのよいオーナーシェフの笑顔とおいしい料理で優雅な時間を過ごすことができました。
プロの味と技に新しい驚きと感謝の連続でした。



[隠れ家レストラン]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

黄昏





ある日の朝のこと。
一本の電話でたたき起こされた。

ブレーキとアクセルの操作を間違ってご近所の塀に激突。
かなりの轟音で近所の人たちがびっくりして飛び出して来たらしい。
塀は地震で損壊したのかと見まごうほどに派手に崩れていた。
運転していたのは大正14年生まれの父。
地方都市のさらに田舎の住宅地の一角での出来事だった。


「誰もが通る道」だとご近所の方の思いやりのあるお言葉を頂いたのですが、ぶつかったのがたまたま塀だから良かったような物の、他人様の家の玄関や、ましてや小さな子供に突っ込んでいたらどうなっていたのかと想像すると背筋が寒くなる思いがしました。
人の命だけは取り返しがつきません。
ご近所だけに余計に問題が複雑化することは目に見えています。


田舎町ではクルマは大切なライフラインであり、病院や買い物に出かけるのさえ欠くことの出来ない「足」であることは百も承知なのですが、取り返しのつかない事故に繋がる前に決断をしてほしい。。。
父は足が悪く、運動能力や判断力が明らかに低下しておりこれが運転を止める引き際だと説得してはみたものの聞き入れる様子もなく、ひとまわり小さなクルマに買い換えるという(そーいう問題じゃないだろ)。。。(ため息)



個人差はあるけれど人生の黄昏は「引き算」の連続。
元気だった頃の記憶と現実とのせめぎ合いにどこかで折り合いをつけなければなりません。
昨日出来たことが今日は出来なくなる。。。つらいけれどこれが現実。



それを認めさせるのは周囲の責任なのかな。。。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

客先で打ち合わせをしていたらふと目についた本の背表紙。
何故こんなところにクラプトンの自伝 があるのだろう。。。

そんなことを考えながら打ち合わせが終わり雑談中にそれとなく聞いてみた。
何でも夫婦そろってクラプトンのファンなのだとか。。。間違って英語版を買ってしまって困ったと笑っておられました。
年齢的には違和感のない年代ではあるけれど、ギター少年だったご主人のお話を目を輝かせてなさる奥様の姿に一瞬にして30年前にタイムスリップしたような不思議な感覚にとらわれました。
私はその場を盛り上げるために(お互いの距離感を出来るだけ埋めるべくクラプトンのヤードバーズ時代の話などをして帰って来たのでした。

しかし、一夜明けてみるとあれやこれやと大幅な変更の依頼が。。。^^;
昨日の打ち合わせはいったい何だったのかしら。
今までの流れでもいったん決まったことが二転三転してきた経緯はあるのですが、できることとできないことがあるのよね。。。まあ、さすがに今日は出来ないことは出来ないとお伝えしてしまいました。




占い師の友人に 「この仕事は難儀するだろう」 と言われていたのですが、ありがたくないことに大当たりになりそうな予感w

ま、何とかななるでしょ(爆)




Eric Clapton / エリック・クラプトン 自伝


4月に日本語版が発売されてファンの間では話題になっているらしいのですが、私はまだ読んでおりませんです。
え?わたし? ギタリストなら私はライ・クーダーのファンだったりします(謎



発売日: 2008年04月24日
レーベル: イーストプレス
発売国: 日本
● エリック・クラプトン著 中江昌彦訳

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。