2007年02月

2007年02月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私は著作権保護期間延長に反対を表明します。


多くの理由がありますが先ず
当ブログの<松本零士氏にみる著作権保護期間延長問題>
この例を見ても作者の死後50年以上の著作権の保護の必然性への違和感があります。
延長が創造意欲の維持に役立つとは思えない。

そして社会全体のデメリットを考えるとやはり延長は無用の長物だと考えます。古典の作品は新しい創造の源泉であり、それを元に新しい傑作が生まれている。著作権延長の弊害は文化の発展の妨げであり、日本の国際社会での競争力の足かせとなると考えます。



↑ 反対運動に賛同いただける方はポチッとやってみてくださいw
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ブログって何だろう?

何のために全身全霊を傾けて記事を書き、何のために一生懸命考えてコメントを打ち込むのだろう?多くのブログとHPを運営してる私自身への自問自答です。

その目的は人それぞれ多種多様でしょう。
私の場合は記事よりもまず技術的興味が先にあり、その副産物としてブログなりHPなりがあった。しかし一般的には自分の意見や、訴えたいことを発信したくてブログなりHPなりを開設するというのが自然ではないかと思います。


ありがたいことに今はHTMLの知識がなくとも、文字さえ打つことが出来れば誰でもが簡単に自分の意見や、情報を発信できるようになりました。そのこと自体は素晴らしいことだと思う。この10年でのインターネットを取り巻く環境は想像を絶するスピードで発展してきました。
その結果、好むと好まざるとにかかわらずあちこちでブログ炎上だの、閉鎖だのという問題が起きています。 親切で書いた記事が読み手によっては悪意の記事に見えてしまい不適切なコメントを打ち込まれることも多々あります。

ブログとはウェブログ(WEBLOG)のことであり、その発生の原点を鑑みれば「公開」が原則であると考えますが最近はプライベートモードを利用して仲間うちだけでの楽しみ方も需要が高まってます。そんな遊び方もあっていいと思う。ただ事故などでいったん流出した情報は回収不可能であるという覚悟は持っておくべきだと思います。


皆さんにお聞きしたい・・・皆さんは何のために全身全霊を傾けて記事を書き、何のためにコメントを入れるのか?そして何のために姿の見えない相手と戦うのか?
あなたにとってブログとは何なのか?

■バーチャル上のストレス解消法
■バーチャル上とリアルでのアイデンティティーの確立の為
■レクレーション
■暇つぶし
■本気の遊び
■正義の為の戦い

  などなどw

みなさま思うところがあると思います。
それぞれの思いをお寄せください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0220/ms.htm
によると

Windows XPの自動更新に不正ライセンス

通知ツールが追加されました。凸




「WGA Notifications」は自動更新経由で配布されるので注意が必要です。自動更新しない選択肢もあるようですが、一度インストールしてしまうと削除できないようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1月15日にスタートしたニワンゴの新サービスだが爆発的アクセス数と書き込みが寄せられている。閲覧者参加型の映像つきチャットといった感じだ。
賛否両論乱れ飛んでいますがちょっとした気分転換にいかが?w








2007年4月30日追記
現在にこにこ動画はログイン制度を採用しております。
閲覧するには登録が必要です。時間帯によっては閲覧できませんのでご注意ください。

今すぐ閲覧できない方は↓ようつべで遊んでいってね。


「言葉にできない」

「すごいぜJASRAK」

[RSS] [Admin] [NewEntry]

このところ著作権保護期間の延長についての議論が活発化している。
著作権保護期間延長論議での松本零士の暴言に思う。


【知はうごく】「松本零士氏 クリエーターの思い」著作権攻防(4)-1(2007年1月31日)
http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/070130/ent070130000.htm
50年か70年か、見えない妥協点(2007年01月31日)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/31/news061.html
著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱 (1/3)(2006年12月12日)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/12/news063.html

確かにクリエーターとしての産みの苦しみもあるだろう。
しかしクリエーターは特別だという意識が見え隠れしてどうも不愉快な気分にさせられる。

「自分の死後、家族の生活を守りたいと思うのは、作家もそば屋やうどん屋の主人も同じ。作家の遺族は著作権法で保護されるが、そば屋・うどん屋の遺族を守ってくれる『そば屋法』や『うどん屋法』はない」という中村伊知哉さんの問いかけに対して松本零士さんは「そばやうどんと一緒にしてもらっては困る。作家の作品は残るが、そばやうどんは私にも作れる」と反論した。自営業の人たちが何の危機感も苦労もなく商売をしているとでも思っているのだろうか。

一定期間の著作権の保護は必要だと思う。孫の代まで印税で食わせたいという気持ちもわからなくはない。しかし保護延長の根拠としては社会通念上いささか無理がある。著作権の過剰な保護が新たな創造を阻害するのではないかと考える。それに誰もが著作権を持っている者の驕りと感じているはずだ。
そもそも彼らは著作権の保護期間の延長がないと創作意欲が喪失すると本気で思っているわけではないといいながらもこのような延長運動をして果たしてそれで自分は本物のクリエーターだと言い切る自信があるのだろうか。
本来創作活動という物は自らの心の欲求から必然的に生まれた出たものが原点になっていのでは?

多くの名作を残し一時代を築いた松本氏の発言だけにちょっと痛い。
現役感のなくなった彼から感じ取れるのは孫子に資産を残してやることしか考えられなくなっちゃったの?ってことだ。

# 松本氏の没後50年後を想定してみると…中には作品が発表されて100年を経過している作品もありうるだろう。果たして100年後に人々の記憶に残っている作品がいくつあるのだろうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

j.j.gif「午後の紅茶」のコマーシャルであややが歌うMove Over(ジャニスの祈り)が昨年夏放映されていた。あの難しい曲を彼女なりに消化して歌っていたと思う。ただ午後の紅茶というホンワカとした商品イメージにこの選曲はどうなの?と思ってしまう。

ところで原曲を歌ったJanis Joplinは破滅型の天才シンガーとして知られ、後の多くの女性シンガーに大きな影響を与えた。 私生活ではまるで死に急ぐかのような奇行を繰り返し、 あの当時(1960年代後半)のロックスターのお約束ともいえるドラッグ・酒・セックスにどっぷりつかっていた。 それは過去のつらい体験や、失恋、極度のコンプレックスからくる淋しさを紛らわすためといわれており、ステージの上で歌っているときが唯一心が安らぐ瞬間だったようだ。 そんな状況から生まれてきた数々の名唱は死後36年たっても色あせることはない。女の情念と業がほとばしり他の追随を許さない迫力がある。


ちなみにこの場合のMove Over とは煮え切らない態度の男に私の気持ちをもてあそばないで私の前からとっとと消えてよ(move over)!とシャウトしています・・・いまだMove Overのまともなカバーバージョンは出ていない。


本物は↓こちらから!
Move Over

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ここのサイトにおいでになるよい子の皆さんは怪しげなサイトをのぞかれるようなことはないとは思うのですが・・・「お前の住所は確認済みだ。今すぐ行くからそこで待ってろ」などとついうっかり怪しい画像などをクリックすると脅迫文が表示されるアレです。
あなたがクリックするだけで実はかなりの情報を相手のサーバーに渡すことになります。IPアドレス、リモートホスト、リファラー、プロバイダーが割り当てている地域(県名)などです。
んでもって↓のように勝手に表示してくれます。

あなたの登録日2007年1月12日
あなたのIPアドレス123.456.789.
あなたのプロバイダ情報 abcde.ok.ne.jp    
あなたの登録メールアドレスmail@abcde.ne.jp
あなたの個人認識ID番号z24563mn66


ここであわててはいけません。この情報からはあなたの住所を特定することは出来ません。
プロバイダーに問い合わせをすればわかりますが、一般の個人に開示することはありえませんし、刑事事件でもない限り警察とても入手できる情報ではないからです。IPアドレスはプロバイダーによっては接続の度に変わったりするので問い合わせをする際も日時とIPアドレスがセットでなければ正確な個人情報は割り出せません。IPアドレスでわかるのは個人レベルではせいぜいプロバイダーと地域ぐらいのものなのです。
毅然と無視しましょう。どうしても心配でしたらネット詐欺相談室(http://fraud.oops.jp/)などに相談して見るのもよいでしょう。

ただし住所は特定できませんが、インターネット上の住所はわかっているわけで、悪意のある侵入者に悪戯をされる可能性はあります。セキュリティー対策は忘れないようにしてくださいね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

billie_holiday.gif


Billie Holiday(1915~1959)を語るときよく引き合いに出されるのが エディット・ピアフだ。どちらも不幸を絵に描いたような壮絶な人生を送った二人だが決定的に違う点がある。 それは人種差別問題だ。1900年初頭のアメリカにおける黒人はまともな人権など認められていなかった.。 その上女性はなおさら悲惨だった。生涯を通じて人種差別、性差別と戦わなけばならなかった。
私生活はめちゃくちゃだったがそれを差し引いても彼女の歌声は没後50年近くたっても聞く者を虜にさせる魅力がある。 ベッシー・スミスやルイ・アームストロングに強い影響を受けたといわれる繊細で表現力豊かな独特なフレージング 唱法はサクソフォン奏者のレスター・ヤングとの出会いが内面的にもより磨きをかけた。
彼女の代表曲といえる「奇妙な果実」は淡々と歌っているが、内面に秘めた黒人であるガゆえの哀しみ、怒り、 怨念がひしひしと伝わってくる。 10代の頃初めて聞いたとき大きな衝撃を受けたけれど今改めて動画としてみるとやっぱりすごい !一挙手一投足からにじみ出る表現力に心の奥底を揺さぶられる思いだ。もちろんこんな暗い歌ばかりじゃなくて希望に満ちた恋の歌もなくはないのだが。。。

注 「奇妙な果実」とは白人にリンチされてポプラの木につるされていた黒人
   のことである。

興味のある方は下記へGO!(ただしいつ消えてなくなるか神のみぞ知る)
http://www.youtube.com/watch?v=oQTWVgKZtlg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。