PC

PC に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Office2007ソフト1つを個人使用の2台のパソコンで使用できますか?
某Q&Aサイトから


マイクロソフト カスタマーサービス&サポート より

Q6. 2 台以上のコンピュータにインストールできますか?

A. 2007 Office system パッケージ製品をご利用のお客様が特定の 1 名に限られている場合、ライセンスを割り当てたデバイスの他に、携帯用デバイスにインストールして利用できます。




なぬ?パッケージ製品とな?
認証はどうすんねん?電話でしろってか?
そりはつまりOEM版でもDSP版でもないってことよね?
フツーそういうものを持っているユーザーもあまり多くないと思うけど。。。
ぼったくりのM$社もたまには粋なことをしてくれるじゃん(爆)

偶然我が家には2007 Office system パッケージ製品アップグレード版があったりするので早速試してみたいところですがオフィス2007が動くPC環境はメインPCとVistaと借り物マシンしかない。。。

メインPCにはオフィス2003が鎮座しているし、Vistaにはそもそも2007 Office system パッケージ製品がインストールされている。
残るは借り物マシンのみ。
このマシンは以前実験でインストールした認証済みでないoffice2007がアンインストール出来ないという「仕様」に悩まされているわけで(爆)下手に電話で認証受けると後々他のPCに鞍替えするときに面倒なので実験はまだ出来ていない。。。
しかし。。。アンインストール出来ないとアップグレード版に関するもう一つの密かな疑問を検証することが出来ないのよねorz...orz,,,



>携帯用デバイスにインストールして利用できます。

って必ずしもノートPCに限定する必要もないでしょ?
「これは携帯用デバイスPCである」と言いはれば別にノートPCでなくても?(謎)
とか不穏なことを考えつつ。。。どうしてもアンインストール出来ないoffice2007に頭を悩ませているのでした。 



参考URL: Office2007がアンインストールできない



# やっぱり再インストールしか道はないのかしら。。。怪しい実験のためだけにするのも何だかなぁ。。。



◆◇◆

ちなみにアップグレード版の元CDというのは必ずしも製品版である必要はありません。
OEM版でも桶ですよん。 
古いパソコンを処分するときもオフィスのCDだけは大切に保管しておきましょう。
http://support.microsoft.com/kb/881464/ja
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

このところの急激な円高で昨年に引き続いてマザーボードやメモリーが安くなっています。


我が家のパソコンもすでに飽和状態なのですが。。。やっぱり気になる最新価格(爆)
特にメモリーの下落幅は大きく3年前の半分以下なんてこともざらです。
ノーブランドの価格ばかりでなく純正品まで下がり続けているようです。


オンラインゲームなどをしないユーザーであれば、Vistaでも2Gあれば十分なので今まであまり4G以上のメモリーを搭載することは想定していなかったのですが、2Gのメモリーが2枚セットで8千円代ともなるとちょっと心が動きます。
試してみたいというビョーキ心がうずうずするのです(笑)



時々のぞいているパソコンサポート業の方のブログで知ったのですが何と32bitOS
ではOS由来のアドレス空間の関係で4G以上のメモリーをハードウェア的に認識しないのだとか。。。
しかし、うちのメインパソコンは実は64bitOSなのよね。。。64bitOSはまだまだサポートしていないソフトウェアが多く、今までも大変苦労を重ねて来たのですが今こそこの苦労が報われる時が来たと息巻いてみたものの。。。(笑)

このメインPCを作ったのが2005年の10月で当時のチップセットは インテルの945Gでサポートしている物理メモリ空間は4Gまでとなっているではありませんか。

しかもこの下記の参考記事によれば
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1127/hot517.htm


ただし、これを実現するには、32bitモードで4GB以内のアドレス空間でシステム用途に使われていたアドレス空間を別の場所に移す必要がある。言い換えれば4GBのメモリしかサポートできないチップセットでは、この移す場所が確保できない。4GBのメモリを4GBとして利用するには、表1に挙げた8GBのメモリをサポート可能なチップセット、あるいはAMDの内蔵メモリコントローラが必要になる。



う~む。。つまりこのマザーボードでは2Gを2枚刺しても無駄な抵抗ということなんですね。
Vistaマシンのほうのチップセットは8GまでサポートなんですがOSが32bit版なので問題外! 


というわけで私のささやかな夢は見事潰えたのでした。
あ~まあ、パソコンが勝手に増殖して周囲の顰蹙を買うことを回避することが出来たのでヨシとしなくては。(爆)






[RSS] [Admin] [NewEntry]

紆余曲折の末やっとoffice2007の正規ユーザーになった次の夜のこと。。。


いつものようにパソコン様のスイッチを入れるとうんともスンとも言わない。
「ありゃ?」

何故かこんなトラブルは深夜に起こると相場が決まっているのだ。
眠気がいっぺんに吹き飛んだ。
う~む。。。どこぞの症状と良く似ている。


HDDをはずして電源を入れてもBIOSさえ立ち上がらない。。。
グラフィックカードをはずして、オンボードで試してみても同じ。
残るはマザーボード、電源が疑わしいのですが、その前にCMOSクリアを試すことに。。。ダメもとでエイヤ!


すると何事もなかったかのように立ち上がったのでした^^;
真夜中に人騒がせなwww

いったい何なんだ?大きな構成変更をしたわけでもないのに。
強いて言えば昨夜新しいoffice2007をインストールしたっけな。。。
いや、待てよ。
あれはめでたく正規ユーザーになった私へのM$社の陰謀だったのかもしれない。




しかし。。。
実は以前にも同型のマザーボード(P5B-VM)で同じことが起こっている。
欠陥とまでは言わないがこの機種の癖なのかも知れない。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

どちらか様宅でも日ごろの行いのせいか?年賀状を印刷しようとしたらプリンターが壊れていてあわてて買いに走ったとか。。


こちらも正月早々メインパソコンの大掃除(クリーンインストール)をするためにあれこれいじっていたのですが。。。
やっとサウンドドライバーのインストールのトラブルから開放されたと思ったら、D・EドライブのHDDが認識されない。。。ん?
「未割り当ての領域」などとディスクの管理に表示されている。
(これをフォーマットしてしまうと本当にデータは消えてしまう)
そんなはずはない、さっきまでOSの復元データとP2PのファイルがあったHDDなのに。。
しかし、クリーンインストール前の状態にHDDを差し替えて環境を戻してみても認識しないのだ。

ここで読み取りできなければデータは救出できません^^;
知人に頼んでファイナルデータというソフトで救出するという選択肢もあったのですが、そこまでするほどのデータではないと判断して思い切ってフォーマットをかけました。するとHDDの物理的故障ではなかったようで、何事もなかったかのようにHDDは復活を遂げて動作確認もできました。(もちろん以前のデータは消えています)

う~む。。あれは何の悪夢だったのか。。。
大きな衝撃を与えたわけでも、HDDなどの組み換え時の電源などの抜き忘れなどの操作ミスでもない。。。まったくの原因不明。
やっぱりこれって日ごろの行い?(爆)
これが大事なデータの入ったHDDだったらと考えるとちょっと背筋が寒くなったのでした。









[RSS] [Admin] [NewEntry]

ひょんなことからキャノンのMP970という最新のプリンターが転がってきた年の瀬。。。

今回はこのMP970をネットワークプリンターとして稼動させるお話です。
我が家のメインパソコンのOSはWindows XP (Professional) x64 なのですが、このOSが発売された当時はこれに対応する周辺機器のドライバーがほとんどない状態でした、最近はVistaの64bit版が発売されたこともあり対応ドライバーが配布されるようになりました。
で、今回このプリンターを購入するに当たりキャノンのHPで下調べをすると64bitOS対応MPドライバーが配布されていることが確認できたので安心していたのですが、実はここに大きな落とし穴が^^;


早速作業に取りかかろうと付属のセットアップ用のCD-ROMを光学ドライブに入れるといきなり「このCD-ROMは、現在お使いのOS(オペレーティングシステム)をサポートしていません。」というエラーが出てCD-ROMのフォルダーの中身さえ見ることが出来ません。




まあ、この程度のことは想定内なのですが。。。でもなんて可愛くないんだ? そこまで拒否らなくても。。。
エキスプローラから開けば中身は丸見えだよんw
フォルダーを開いてみるとしっかり64bitOS用のドライバーが収録されていたりしますw
とはいえMPドライバー以外のプログラムファイルがこのOS上で作動するのか?という一抹の不安が残ります。

◆◇◆


とりあえずは動作確認のためにあらかじめDLしておいた64bitOS用のMPドライバーをインストール。(MPドライバーとはプリンタドライバ、ファクスドライバ、スキャナドライバのみで構成されているらしい)
最近はウィザードに従ってインストールするのが主流なのですがウンともスンとも聞いてきません。
ここで周辺機器の導入の基本にたち返ってUSBケーブルでプリンターとPCを接続してみるとあっさりとプリンターを認識してくれて印刷が出来ることを確認。
次はLANケーブル接続でネットワークプリンターの設定です。

ところでネットワークプリンターとして稼動させるためには大まかに分けて次の2つの方法があります。


1 プリントサーバーを別途立てる
2 ネットワーク上のどれかのPCをプリントーサーバーとして立てる



今回はプリンター自体にプリントサーバーと同等の機能が内蔵されているので1の方式を採用しました。
これはキャノンのネットワークセットアップガイドでも推奨されている方法です。
早速問題の64bitOSでトライ、どうも必要なポートの取得が出来ずうまくいかないので後回し、次にVistaで試してみるとこちらはスンナリとネットワークプリンターとして稼動。
次に32bitXP3台でトライすると1台だけどうしてもネットワークプリンターのドライバーのセットアップが完了できません。キャノンのサポートセンターに確認すると「Canon IJ Network Tool」を呼び出して再度実行するとポートを認識して稼動。
ということは。。。先の64bitOSで失敗したのは紛れもなく「Canon IJ Network Tool」というプログラムがインストールされていないことが原因であることに気がついてサポートセンターの人に確認すると。

「あの~他のプログラムは64bitOSに対応していますか?」
「申し訳ございませんがMPドライバーのみの対応となります」
「・・・」
とあっさりと蹴られてしまったのでした。

それではあまりに片手落ちではありませんかね。。。64bitOSが発売されて三年近く経っており、一般家庭でもパソコン2台3台当たり前の時代にネットワークプリンターとして使えないならこの商品の魅力は半減するわけで。。。
ねえキャノンさん。
そんなOSを使う変わり者は別途プリントーサーバーを立てなさいってことなのか(笑)


◆◇◆

このドライバー名でググッて見るとVer.2.6.0 では確かに対応しておらず一部のプリンターのみしか64bitOSが対応していないようです。

う~む。。そんなことではめげない私、ダメ元で共有ファイルに置いてあるCD-ROMの中身を開き(LAN→Japanese )を選び実行。するとめでたく「Canon IJ Network Tool Ver.2.6.0 」のインストールが完了して、ポートの取得が出来たのでした。
やれやれ^^; 







[RSS] [Admin] [NewEntry]

グーグル中国、世界最短のドメインを取得

この記事によると・・・
「現地時間10月29日、Google中国が最短のドメイン「g.cn」を利用し始めた。これは中国のみならず世界でも最短のドメイン名となる。このg.cnドメインは所有していた二六五公司から2000万ドルで購入したそうだ。」


2千万元じゃないよ!2千万ドルだよ。
中国の市場にそこまでの価値があるのか。。。いずれにしても凡人にはピンと来ない天文学的数字であることには変わりないww
ま、確かにこの上なく覚えやすいアドレスだけど(爆)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ワードに画像を貼り付けたいという需要はことのほか多いもののようですね。

以前もWord2007年で画像のグループ化が出来ないという記事を書きましたが、今度は挿入した画像が画面上で自由に移動が出来ないという案件です。
というわけでパソコン仲間からお呼びがかかってちょっと遊びに行ってきました^^;


ベテランの友人のことなのでもちろん「図の書式設定」のレイアウトは前面になっています。普通ならこの設定で画像を自由に配置出来るはずなのですが。。。確かに画像を挿入すると上に上に移動しようとして自由に移動してくれません。
ふと見るとワードの画面表示の上下余白が非表示になっているではありませんか。実はこれWord2002からお目見えしたお節介な機能なんですが、知らず知らずのうちに余白の境界線をクリックして上下余白が非表示になってしまったようです。





水平ルーラーと上余白の間にマウスを静かに合わせるとマウスポインタが上下矢印に変わりますのでこれをダブルクリックしてやると元に戻ります。(2002、2003はシングルクリック)
この表示を元に戻して再度画像を挿入してやるとめでたく通常通りに自由に配置出来るようになりました。
どうやらこれはWord2007だけの不具合らしく、2002と2003では上下余白を非表示の時に画像が自由に配置できないという現象は確認出来ませんでした。


◆ 上下余白の表示の切り替え機能を知らなかったユーザーさんはとてもあわてますね。
その上画像が自由に配置出来なくなるとすると困った仕様です。









http://kokoro.kir.jp/word/margin_aboveandbelow.html

[RSS] [Admin] [NewEntry]

帰ってきた「悪用厳禁」――「ネトラン」復活http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/19/news040.html



過激な記事でお馴染みだった「ネットランナー」通称(ネトラン)は11月号を最後に休刊が決まっっているのですが、実はまったく別の出版社から11月に「ネトラン」として創刊号が発売されることが決まったのだとか。。。


>「ネトラン者」のすくつ? 秋葉原の第2電波ビルからの発信 だそうでつ(爆)




[RSS] [Admin] [NewEntry]

私の勤めているオフィスでの出来事です。
先日Access2003の調子が悪くなり再インストールする必要が発生しました。

ところがAccess2003をインストールしているパソコンは複数台ありコンピューター管理者がどのPCにどのプロダクトキーのAccess2003を入れているのか台帳管理していなかったのでよく分かりません。

レジストリから調べる方法もありますが誰でも簡単に調べられるというわけにはいきません。
そこでこのソフトの登場です。インターネット上で無料配布されているフリーソフトですが私は某ストレージサービスにいくつかの便利なソフトを置いているのでネット環境さえあればいつでもどこでもDLすることが出来るようにしています。

この手のソフト(システムインフォーメーションツール)ではEVEREST Home Edition v2.20が定番ですが個人的には SIW 1.70 Build 634の方が使い勝手がよくお奨めです。
サイズは1.51MBと軽くちょっとくたびれたWindows2000でも動作確認済みです。

Windows、Microsoftのライセンス情報はもちろんのことプロダクトキー、システムファイル、インストールされているソフトウェアの表示などありとあらゆる箇所のシステム情報をチェック出来ます。
また、CPU, マザーボード, BIOS, などのハードウェアの詳細な情報も簡単に調べることが出来ます。




パソコンも1台ならこのソフトもあまり御用がないのですが、複数台あるとどのPCにどの型番のマザーボードと何のCPUを積んで、どのプロダクトキーのソフトをインストールしているのか訳がわかんなくなるのでとてもありがた~いソフトなのです。

◆ でもねえ。。。受信メールサーバーのパスワードまでしっかりバレちゃうってどうよ?(爆

SIW 1.70 Build 634
日本国内での配布元は こちら http://cowscorpion.com/system/SIW.html




[RSS] [Admin] [NewEntry]

レイアウトの大幅な変更でパソコン歴の長い仲間内ではあまり評判のよろしくない「2007 Microsoft Office system」 なのですが。。。
まったく新しく学ぶ人たちにとっては美しいインターフェイスとグラフィック機能で楽しく遊べるのかもしれませんね。


先日知人がWord2007では図形のグループ化は出来るけど画像のグループ化がどうしても出来ないとぼやいていたのでちょっと調べてみました。
私はレジュメやマニュアルを作る頻度が高いのでもし本当であればとても困った仕様です。

まだあまり開くことのないWord2007なのですが、試してみると確かに出来ません。
いろいろいググって行くうちに判明したのは。。

◆ Word2002や2003では描画キャンバスがなくても図形と画像のグループ化が可能だったのですが、どうやら画像については描画キャンパスがアクティブの状態でなければグループ化が出来ないように変更されているようです。
そのうえWord2002や2003でオートシェイプをクリックすると、表示されていたあのおじゃま虫だった描画キャンバスはデフォルトでは表示されなくなっているのでなかなかこのからくりに気が付きにくいというわけですね。

「挿入」タブから「図形」をクリックしてメニューの一番下に「新しい描画キャンバス」という項目があるのでこれをクリック。
これで一時的に描画キャンパスがアクティブになるのでこの中で画像のグループ化が可能になります。
尚、一度グループ化をするとキャンパス外に出しても編集可能です。







◆ 描画キャンパスがアクティブ状態でないと画像のグループ化が出来ないなんて。。。使い勝手の悪いことこの上ない。。。やっぱりこのソフト当分いらね~(爆)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。