日々心の琴線に触れたことを綴っていきます

■■■■ ご挨拶 ■■■■
ようこそ拙い私のブログにお越しくださいました。
とんちんかんな言及もあるかと思いますので
そんなときは遠慮なくご指導くださいませ。
それではごゆっくりお楽しみください。


コメントは画像認証にさせて頂きました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

高速道路休日ETC割引の悪魔のささやきでついつい出来心で決行してしまった今回の聖地巡礼。
嗚呼。。。のっけからとんでもない行列に遭遇です。

なかむら行列

ここは言わずと知れた有名うどん店。
9時の開店なのに30分前でこの行列。

ここは4月26日(日) 午前8時30分 飯山町の「なかむら」の様子です。
ETC割引の悪魔の囁きは全国津々浦々に浸透しているようで、遠方からの県外車がずらり。


季節はずれの寒風に吹かれること60分。
やっとありつけた一杯。
今日は釜玉ではなくてかけうどん。
いつものもっちりとした弾力のある麺に熱いいりこ出汁のかけ汁をかけてすすりました。
昨夜から夕食抜きでの一杯目は五臓六腑にしみわたるおいしさでした。
繊細で、もちもちとした麺はいつもと変わらすです。

かけ
かけうどん


怖おもてのお兄さんと狭い駐車場でにらみあいながら何とか出発。
「まえば」に走ります(爆)

まえば看板

久し振りに訪れた「まえば」です。
大行列を予想していたのですがこちらはすぐにお店に入ることができました。
今日は寒かったので熱いかけうどんにしました。
まえばかけ
かけうどん

うどん店のはしごするときは前半戦で天ぷらを食べることはご法度(笑)なのですが、金時豆のてんぷらがとても珍しいので頂きました。
なんでも香川県や徳島県ではごくポピュラーなかき揚げだそうですが海を挟んだ岡山ではお目にかかれないシロモノです。 

てんぷら
金時豆天ぷら

天ぷらにに甘い豆?(実は私は辛党で甘いものは苦手なんですが)半信半疑で口にするとそれがあ~た。おいしいのなんのって。。。甘さのなかに塩味の利いた金時豆とカリッとした衣が絶妙の取り合わせです。
後でググってみるとこの地では金時豆をちらし寿司(ばら寿司)、お好み焼きなどに入れるのがごくあたりまえらしいのですがこれらもいけそうですね。
西洋人では豆(小豆)などを甘く煮て食べるなんて考えられないといわれますがこれも同じ発想かもしれません。

とにかくおいしかったw 
うちでもつくってみよう♪

脱線してしまいましたが。
こちらは正統派のきっちりとしたうどんといりこ出汁で満足の一言です。



次は善通寺の「山下うどん」に直行。
そもそも私は太くて硬い冷たいうどんが大好きなのでここは絶対外せないお店です。
山下外観

ぶっかけ
ぶっかけ(冷)

レモンが添えられているのもわたし好みです。
目の前でうちたてのうどんがどんどんゆであがりできたてのほやほやが供されます。
徳利から冷たい出汁をぶっかけていただきます。
シアワセな瞬間です。
山下店内
活気のある厨房



そして同じく善通寺の「白川」へ
今日はざるうどんを注文。
相変わらず美しい麺で麺も付け出汁もキリリと冷やされていてのどごしもよくとてもおいしかったです。
同行者は釜たまを注文したのですが、「15分ほどお待ちください」と言われ熱々を出してくれました。
セルフ店とはいえ、ひとりひとりの注文に適切な温度で対応するこの店の心意気に惚れなおした私です。
ざるうどん
ざるうどん


白川かまたま
釜玉

白川手切り
白川厨房

白川店内
白川店内の100円コール


次は、宮武で修行した御夫婦が開業した「うどん富永」に向かいました。
こちらは力いっぱい民家を改造した噂のうどん店です。
ということは。。。麺はちょっと不揃いであることは想像に難くないと思います(笑)
昆布出汁と釜にこだわったあっさり味のうどんです。

富永全景


ひやあつ
ひやあつ



本日の〆は丸亀の「中村」です。
カーナビがあるのでタカをくくって地図をコピーしていかなかったことを激しく後悔しました(笑)


「目的地周辺です音声案内を終了します」 
「いったいどこやねん?」

かつて池上製麺所、彦江製麺所などが分かりにくいうどん店として挙げられていましたが、私は声を大にして言いたい! 丸亀の「中村」が讃岐で一番分かりにくいうどん店だと(爆)
テナントとしてビルの一角にひっそりと存在する立地条件、屋号の紛らわしさは巡礼者にとっては迷い道ぐるぐるです。

なかむら外観
なかむら外観

地元の通行人に教えてもらいやっとたどり着くも看板はどう見ても「やお」です。
私にはそうとしか読めない。
かろうじて行列が人気うどん店であることを物語っていました。
そして近づいてよくよく看板の屋号をみると「中村」と読めなくもない(ぶつぶつ)

ヤお
↑ 屋号の拡大図です。
  ね?どうみても「やお」でしょ?


麺の終了ぎりぎりに駆け込んで釜玉を注文。
うどん釜の湯気をみながら待つこと15分。
飯山町の「なかむら」とは少々違う味わいで、しっかりとした麺でつやがあり、噛み応え十分です。
揚げたてのちくわ天もとてもおいしかったのですが、最後ということでちょっと気が緩み写真を撮るのも忘れてかきこんでしまいました(笑)


◆◇◆


今回は日曜日ということで休業のお店が多く、巡礼するお店の選定に頭を悩ませましたが、おいしい1日を過ごすことができました。

TVでは休日のETC割引はどこまで行っても1000円ぽっきりであるかのような報道がなされていますが、山陽自動車道、中国自動車道などを経由して瀬戸大橋を渡ると1000円ぽっきりというわけにはいきません。
違う管理会社をまたいで利用した場合はいったん高速道路を出た扱いになるからです。
例えば、早島ICから坂出ICまで利用した場合は1000円ですが、山陽自動車道の鴨方ICから坂出ICまで利用した場合は1400円となります。





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

検索ワードで「コントロールパネルが開かない」の次にたくさんの訪問者があるのが「全米TOP40」なのでシリーズを再開してちまちまと追加してみようかと思います(笑)

Paul Davis
Paul Davis のI Go Crazyは1977年10月から40週にもわたってHOT100にランクインした大ヒット曲です。
当時高校生だった私は片田舎で懸命にラジオのチューニングを合わせて雑音と闘いながらチャートをノートに書き留めていました。

この曲を聴くと今でも当時の思い出や風の匂いが蘇って来ます。
「そんな曲知らん」といわれる方はこういえばわかるでしょうか?
【なんとなく、クリスタル】のサウンドトラックとして使われていたアレです。

全米TOP40ファンとしてはこの映画で日本で大ヒットしてしまったことは少々複雑な思いがあります。
当時はプロモーションビデオもなく、片田舎ではrレアな輸入レコードなど手に入りませんでしたからどんな人なのだろうと妄想は膨らむばかり。
別れた恋人に久しぶりに会って心穏やかでないナイーブな男心がせつせつと歌われています。



2008年4月に60歳で心臓麻痺で倒れてもうこの世の人ではありませんが心に残る名曲として私の胸に刻まれています。


それではこちらからどうぞ。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

今年の花見は格別気合が入っていた。
なんたって昨年の今頃は缶詰になっていて大好きな桜を愛でることができなかったから。。。

例年であれば春雨前線の影響で必ずと言っていいほど無情の雨が降り、一夜にして花びらを散らしてしまいますが、今年は好天に恵まれ最後まで堪能することができました。


ふきだまり


年老いた両親を連れて車いすを押しながらのお花見。
もはやまとものな会話が成り立たない状態。
それでもピンクの花吹雪は心の奥底の遠い記憶を呼び覚ますようで、まるで小さなこどものようにはしゃいでいた。
そんな姿を見るにつけ自分の末路と重ね合わせる。

願わくばソメイヨシノのようにパッと散ることができますように。
残酷なほどの抜けるような青空に向かってそっとつぶやいた。




そして、身辺整理をする時間を少しだけくださいとわがままなお願いをしてみる。
日頃の行いの悪い私には無理なお願いかもしれない。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

てすと





[RSS] [Admin] [NewEntry]


フジテレビ開局50周年記念ドラマ 「風のガーデン」を遅ればせながら動画サイトで観た。
故 緒方 拳さんの遺作となったことでも話題を呼んでいた作品だ。



先入観のせいかこころなしか前篇にわたって死の匂いがする作品となっている。
青く透明な死生観。
ただただ無心に咲き乱れる風のガーデンの花々との対比はそれを狙っているのだろう。


死期を悟った緒方 拳さんの淡々とした演技はその静けさがかえって凄みを増している。
表情や所作のいたるところにどんな思いでこの役を演じておられたのか万感胸に迫るものがある。
昔から大好きな俳優さんだったが、残念でならない。


家族間の言葉の交わし方が不思議な距離感を生んでいるがそれが一層この作品を印象付けているといえるかもしれない。

家族の再生とターミナルケアをテーマに扱ったこの作品は多くの人の共感を得て未だ語り草になっているが、「家族の在り方」「死に方」について考えさせられる作品となっている。

ばちあたりな私は畳の上で死ねないだろうな(爆)



◆ タイトルの題字は緒方さんによるものだそうです。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

真っ白なクリスマス・ローズは憧れだった。
ある日仕事帰りに立ち寄ったスーパーで衝動買いをしてしまった。


いろんな事情があってしばらく花を植える気持ちが萎えていたのだが、何故だろう?引き寄せられるように即決してしまった。
ブログに載せるために夕方慌ててシャッターを切りました。
うつむくようにひっそりと咲くこの花の愛好者は世界中にいてヨーロッパでは12月に薔薇のような花をつけるのでこの名前が付いています。




日本での露地ものは2月~3月に花をつけるようです。
ローズという名が付いているとはいえ、実はニゲラ系。
やっぱり白が素敵です。
しばらくは玄関先の特等席に座ってもらいましょうかw


凛とした白い色は誰の色にでも染まるようでいて実は相手を選んでいるような気がするのはわたしだけかしら。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日BSでベス・チャトーさんのインタビューが放送された。
彼女は私が最も敬愛する女性ガーデナーであり、英国を代表するプランツ・ウーマンです。
BSの美しい庭園の映像のとりこにTVにかじりつくとはまさにこのことでしょうか(笑)

自然に逆らうことなく植物の特性に寄り添った庭造り、エコロジストとしての考え方にもとても共鳴できるものがありました。
そんな彼女が人生の黄昏時になって聞かせてくれたこの言葉。


「天国はここ。」
「私たちの人生の中にある。」
「そして地獄も。」

beth.jpg
【The Beth Chatto Gardens (Water Garden) 2004年6月28日撮影】


もちろんここというのは彼女の庭園のことではありません。
地位も名声も得て、有名庭園やナーサリーのオーナーとして成功している押しも押されもせぬ彼女の謙虚な言葉はやはり心に染み入るものがあります。


英国の庭園巡りをしていていつも思うのだけど、庭の命は当然人の生涯よりも長い。
メンテナンス次第で永遠とも思える時を手に入れることができるから。。。
それでも主のいなくなった庭園は時に寂しそうに見える。故人が使っていた愛用のベンチなどを見ていると彼らの囁きが聞こえて来るような気がしてならない.。
丹精込めた夢の庭を作ったーガーデナーたちは人生の終焉の時どんなにか後ろ髪惹かれて逝ったことだろう。それは庭の四季の移り変わりにも似ていて確実に訪れる。
それもベスのいう「自然に導いてもらう」という言葉に通じるのだろうか。
自然の営みのなかでは人生はあまりに短かすぎる。




昼間は多くのお弟子さんたちに囲まれている彼女ですが、今はご主人も亡くなりたった一人で思い出と植物と猫と暮らしているとのこと。


日々に感謝して嬉々として庭師仕事をする彼女の穏やかな笑顔はすがすがしく、尊敬の念を新たにしたのでした。



参考 URL
The Beth Chatto Gardens

[RSS] [Admin] [NewEntry]

IMG_0575.jpg

パソコンで疲れた眼を休めようとふと外を見るとピンク色の光がさしていた。
あわてて2階に駆け上りベランダに飛び出した。

写真にうまく写し取ることができなかったが実は雲のない空の部分は水色で茜色とグレーの雲とのコントラストに息をのんだ。
そして、太陽が西に傾き、風に流される雲の姿は刻一刻と表情を変えていった。



人間の一生なんてこんな宇宙の営みに比べたら塵にひとしいものだ。
小さな小さな感情に囚われて身動きできない。
そんなときは空を見上げよう。
与えられているのは一瞬の瞬きにも似た短い時間なのだから。





茜色の雲の向こうの人にテレパシーを送って見た。
届いたのだろうか。。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

やってしまった^^;


今日お見舞いに行った先の病院の駐車場でバックしていたら右の後ろを柱にぶつけてしまいました。
テールランプにひびが入り、バンバーも結構へこんでしまったのです。
修理するか否か悩んでしまうビミョーな状態です(笑)


この4月に退院してからの後遺症で気になっていたことの一つに「空間認識能力」の低下というのがあります。日常生活において家の中んなどで頭をぶつけたり、障害物に接触するということが頻繁に起こるようになりました。おかげで青あざを作ることも。。。
疲れると注意力が散漫になり余計に拍車がかかっているように思います。
とにかく障害物に自分の意志とは別のところで接触するなど病気になる以前ならあり得ないことでした。

それは車の運転でも同じこと。
車を自分のカラダだとすると思わぬ接触事故を起こす可能性があるということです。
ということで気をつけてはいたのですが。。。ついに今日はやってしまいました。

まあ、他人様に怪我をさせたわけでもなく、他の車にも接触していないのが不幸中の幸いということでしょうか。


もっと気を引き締めなければいけませんねぇ。。。他人様の命ばかりは取り返しがつきませんから病気のせいばかりにするわけにもいきません。
というわけでとほほな1日なのでしたorz...orz...

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今夜もYouTubeを開いてみる。
「あなたへのおすすめ」に何故かエリック・クラプトンの「Little Wing」がセレクトされている。
何でやねん?

「Little Wing」か。。。
これは天才の名をほしいままにした故ジミ・ヘンドリックスの十八番であったことを思い出す。
ロック・ギタリストを目指す人にとって憧れのナンバーである。
それはバレエダンサーがいつかはジゼルを踊ることを夢見ることに似ているかもしれない。
素直でない私はエリックバージョンをすっ飛ばしてジミバージョンを漁りにでかけた。


あるはあるは。。。多くのライブ音源がたくさんアップされている。
それにしても、繊細かつスリリングな演奏は今聞いても色褪せていない。
ジミを追いかけていた当時のぴんと張り詰めていた10代の頃の空気を思い出す。
その昔、手に入れることがかなわなかったライブ音源と映像が今はこんなに簡単に閲覧することができることに感慨ひとしお。。。当時の私なら喉から手が出るほどのお宝の映像の山。



Jimi_Hendrix_at_Heathrow_Airport.jpg
Jimi Hendrix was taken at Heathrow Airport, England on August 27, 1970.

This file is licensed under Creative Commons Attribution 2.0 License
This image was originally posted to Flickr by Kiwi Morado at http://flickr.com/photos/7254288@N05/2611336724


ジミ・ヘンドリックスといえば派手なステージパフォーマンスと衣装が思い浮かびますが実はとてもシャイで繊細な人柄だったという説もあります。
今考えてみるとあれは繊細な神経をカモフラージュするためのポーズであったのではないかと。





ねえねえ、40年も前なのにカッコ良すぎない?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。